「書き写す」ことより大切なことがあります

黒板を使った授業は古くから続いており、教師の板書を必死にノートに書き写す生徒の姿は現代でも一般的な光景です。
手を動かすことで授業内容が記憶に入りやすいメリットがある一方で、書き写すことに必死になりすぎてノートをとる本来の目的を忘れている生徒が数多くいることも事実と言えるでしょう。
「ノートをとる」という行為は社会人がメモをとる行為に似ており、手を動かすことで記憶しやすくすることの他に、あとで忘れても思い出すことができるようにすることが本来の目的です。
そのため、ノートはいざという時、自分自身の記憶のサポートをする役割を果たします。
決して人に見せる芸術作品ではないので、ゆっくりと丁寧に書く必要は全くありません。
できるだけ丁寧に書こうとして集中しすぎた結果、教師の話を聞き逃しているようでは本末転倒になります。
「自分が必要だと思うこと」だけを、「自分が分かる形で」書き写すことが、学習において最も必要なテクニックです。

東京中野区の調理師専門学校

服飾のプロを育てる専門学校

2輪に乗りたいを叶えます

きめ細かいダンス指導を行う東京の専門学校

東京の映画づくり専門学校