レベルに応じた具体化・抽象化が大切です

学校のテストや資格試験など、受験者の力が数値化されるとレベルの高低は必ず存在しています。
教育者は常に「生徒一人ひとりに合った指導」を求められますが、その詳しい指導法については教えてもらえる機会は皆無と言っても良いでしょう。
集団指導塾での正社員講師の経験から一つの指導基準を考えるとすると、生徒のレベルに応じて説明の具体化・抽象化を行うことが大切だと感じます。
私が教えていた英語の長文読解の指導で例を挙げれば、語彙力が少なく文章読解がなかなかできない生徒に対しては「however」や「although」の直後の文章をきちんと読むように指導します。
一方で進学校に通う偏差値の高い力のある生徒には、逆説表現の直後と譲歩表現の導く主節を読むよう指導します。
まだレベルが低い生徒には具体的に示し自分で法則性に気付いてもらえるように、レベルの高い生徒には皆まで説明せずに実践に移ってもらいます。
指導の具体化・抽象化は生徒に応じた指導法の一つと言えるのではないでしょうか。